2013年12月23日クリスマスにちなんだUSOンニュース 精子が消えれば、男性は精神的支柱になる。

アメリカで調査した(7,000人あまりの女性)結果44人がセックスしないでも妊娠したと言う
キリスト教が、泣いて喜ぶ結果が出た。

○米国女性200人のうちの1人は「処女懐胎」しているという
 調査結果に思う「進むY染色体の終末時計」
 http://oka-jp.seesaa.net/s/article/383077516.html

キリスト教で明らかな間違い、マリア処女受胎
映画「銀河」で修行中の神父が
司教に尋ねます
「マリア様は、キリストを産んだ後も処女だったんですか?」
尋ねた生徒は、次の日にはもう存在していませんでした。
画像


※論文が掲載されたのは、英国のブリティッシュ・メディカル・ジャーナルという医学専門誌で、 1840年から発行さ  れている代表的な医学専門誌だそうで、BMJ と呼称されます。
 ただ、この論文のタイトル「ライク・ア・ヴァージン」。これはうそっぽいですよね。

そこで、ヤリイカの精子が2種類あることの発見
https://pubnews2022.seesaa.net/article/201108article_72.html
ヤリイカはオスでメスより大きいのと、メスより小さいオスの同種で2種類いる
メス獲得戦争では、99.99%大きいのが勝つ。
大きいオスは正統な入り口で発射する。
ところが小さいオスは、きっと快感はないんでしょうが腕の付け根に刺すように発射する。

うまいことに、精子は大きく強い。
激しい海の中で
卵子への旅は、きれいな正統な道を行くのと、強く大きい精子が道もない体のなかから卵子行き着くのと
半々の確率。

さすが名のとおり、ヤリイカ。

https://pubnews2022.seesaa.net/article/201108article_72.html

ところが、オーストリアの女性学者が唱える精子の滅亡説
NHKスペシャル「女と男~最新科学が読み解く性~第3回 男が消える?人類も消える?」
2009年1月18日(日) 午後9時00分~
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2009/0118/

性染色体がXXなら女、XYなら男。
1億7千万年前に獲得したこの性システムのおかげで私たちは命を脈々と受け継いできた。
ところが、この基本そのものであるシステムは、大きく揺らいでいる。

じつは男をつくるY染色体は滅びつつあるのだ。専門家は「数百万年以内には消滅する」という。
明日無くなっていてもおかしくないほど消滅のスピードが速い。

それは、男性不要説がささやかれている根拠らしいけど、※今は、ちゃんとありますよ~。

精子がなくなると人類が滅ぶ?と思いがちですが、今の科学水準で行けば、精子を冷凍保存ができるので
心配いらないけど、当の男性は、生きる大きな糧を失う。
だから、男性は、それから発達進化して、女性に対して精神的支柱になるべく精神修養するようになる。


女性も単為生殖能力を身につけるよう変態する。

単為生殖と染色体
単為生殖は、接合なしに新個体が作られるので、
雌側の遺伝子のみを受け継ぐことになる。
また、接合を前提とした生殖細胞であれば、当然ながら染色体は単相であり、
接合によって複相になるはずである。つまり、卵がそのまま発生を行えば、他の個体は複相であるのに、単相の個体が生じることになる。普段から単為生殖を行っている生物では、そのため、卵など減数分裂で作られるべき生殖細胞を、減数分裂抜きで作っている場合や、減数分裂を起こした核が、ふたたび融合することで複相にもどる場合などがある。後者の場合、遺伝子の組み合わせの変更が行なわれているので、親と全く同じ個体にはならず(クローンではない)、クローン個体と近親交配を行ったのと同じ結果になる。

異種間の雑種や、異数性などで染色体数が奇数になった場合に、減数分裂が行えなくなる。その場合に、減数分裂を行なわずにその細胞が発生を始めるような単為生殖が見られる場合がある。

単為生殖を含む生活環[編集]ミジンコでは、好適条件では雌が単為生殖により雌のみをどんどん生む。これによって個体数は非常に素早く増えることができる。個体群密度が上昇すると、雄が生まれ、雌雄の交接から受精を経て卵が作られる。この卵は厚い殻を持ち、休眠にはいる。この卵は乾燥に耐え、新たに条件が良くなったときに孵化してくるので、耐久卵と呼ばれる。

このように、条件の良い間は単為生殖を、いわば無性生殖の方法として用い、素早く数を増やし、条件が悪化すると真の有性生殖を行って休眠にはいるというやり方は、他にもアブラムシやカイガラムシなどにも見られる。

単為生殖では雄のみを生産するハチ類やハダニなどもある。前者では女王による雌雄の産み分け(受精卵は雌、未受精卵は雄になる)方法として使用される。
後者では性のコストを必要最低限にするためではないかとされている。つまり、繁殖には直接関与しない雄をなるべく減らしたいが、個体群の遺伝変異幅を保つ上で有性生殖は保ちたい。この時、必要最低限以上の雄が居る限り、雌が生産されるが、雄が足らず、未受精が生産されれば雄が生産される。典型的なr戦略者であるハダニはこのことによって増殖率を稼いでいるのではないかというわけである。

寄生虫の吸虫など、中間宿主をもつものでは、幼生が無性的に数を増やす例が多い。これは、宿主から宿主への乗り代わりが必ずしも確率が高くないことへの適応とみられる。そのようなものでは、幼生が分裂などの方法で増えるものもあるが、幼生の体内に、多数の幼生が生じて数を増やす仕組みがあるものがある。この時、幼生の体内では、体が幼生のままで生殖細胞が発達して、それが単為発生的に幼生になることが知られている。このような例は多胚形成といわれる。














2013年10月オープン予定、キャンペーン、イベントニュースhttp://pubnews.at.webry.info/
画像
京阪神地区のオープン、キャンペーン、イベントを
告知するページ
  無料告知
京阪神プ・ガ・ジャ
お申し込みはこちらから
http://a-ad.bbs.fc2.com/




2013年10月大阪ニュース https://pubnews2022.seesaa.net/article/201311article_56.html

2013年10月広告ニュース https://pubnews2022.seesaa.net/article/201311article_55.html

2013年10月グラフで見る https://pubnews2022.seesaa.net/article/201311article_57.html

2013年10月経済ニュースhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201311article_61.html

2013年10月小売飲食ニュースhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201311article_65.html

2013年10月NETニュースhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201311article_67.html 

2013年10月政治ニュースhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201311article_64.html

2013年10月放射能ニュースhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201311article_66.html

2013年10月自動車ニュースhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201311article_62.html

2013年10月中国ニュースhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201311article_68.html




大阪広告代理店のひとりごとⅡのブログトップページへhttp://aada.at.webry.info

全国の都道府県の広告なら、おまかせください!
新聞・テレビ・フリーペーパー・求人・チラシ広告のリスト・料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
良い広告、効果のある広告の種類をアドバイスいたします。



大阪・広告代理店ア・アド・エージェンシー
TEL06-6881-0456 mail aaa@a-ad.net URL http://a-ad.net

画像


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック