「人生の 終わりには無い アンコール」

2016年2月下旬
新聞掲載川柳・短歌
「人類の 進化の果てか スマ歩行」
・・・旧人類
夜の暗い道を動く歩道のように動く、
青白い、長髪で、キレイな女性ほど怖いものがない。
後ずさりしてしまうことが幾たびも。



「病窓に 冬は越したと 日差し言う」
・・・堺 田原勝弘
ゴールデンウイーク3日前に入院して最後の日に退院した3年前を思い出します。
病院前の公園で、アライグマを発見しても、回りに誰もいなかったので
「アレ、ワア」も言えず、未だに心残り。



「痛ければ 言って『言ったら』「我慢して」」
・・・印西 子育ち中
男に似合わず痛がりだから、「これは、声出してもいいくらいだからね」としょっちゅう言われる。



「不可逆的 すこしくだいて 言ってくれ」
・・・島田 東海島田宿
「慰安婦」日韓合意の「最終的かつ不可逆的解決」みたいに言っていますよね、「後戻りしない」「同じ事で異議を唱えない」と言う意味です。
この言葉を韓国に対しても使っているのなら
「ムカつく」言葉でしょう。
あれ使っています。「『最終的(final)』と 『不可逆的な(Irreversible)』を使っている。
韓国が、譲歩したんでしょう。



「空爆も 無差別テロと 思うけど」
・・・大分 春野小川
人を殺す事に、現実味がどんどんなくなって行く。見方を変えれば侵略とゲリラ。
共通するのは殺し合い。
映画「ドローンオブウォー」は、相手の顔を見えないけど、姿で誰を殺すか分かる。
今度の参院選が勝負です。




「住民が 居ても発見 コロンブス」
・・・湯沢 馬鹿駄物
人間が、人類が誕生して強い者の見方になる。
ネアンデルタール人も滅んだけど、勝てば強姦され混血が生まれ、ネアンデルタール人の本来持っていた
欝や血栓など12の病気を引き継いだ。
ボクも3つ以上の病気を持っているので、ネアンデルタール人の混血なんです。
画像




「かわいさは ルックスじゃない 赤ん坊」
・・・宮本佳則
生まれたばかりの娘を見て、「サルジャン」と心で思っても
義理の父母に「そっくりや、そっくりじゃないの」
と言われて、その気になってにっこりしてしまう。



「マァいいか 我よりつらい 人もいる」
・・・袖ケ浦 石井理江
人の基準は、自分であるべきでしょう。
だからと言って「俺は年寄りだから、兵隊に行かないので どっちでもいい」
と年寄りが言った。



「けっきょくは 忘れることで 救われる」
・・・前橋 阿Q
うちの墓にはおじさん3人が戦死している。19歳から23歳。戦争だけは忘れてはいけない。
恋や失恋や借金は忘れることで救われますけど。でも借金には証文が付いてくる。



「成人を 祝って貰い 村を出る」
・・・宝塚 忠公
出て行った人が戻って祝ってもらう。文句あります?
トマ・ピケティの「21世紀の資本論」はもう話題にならないんでしょうか。



「幸福論 不幸をベースに 語られる」
・・・大阪 ださい治
不幸の対比が幸福、悲しみの対比が喜び、苦しみの対比がだるい、いやいや違う。



「人生の 終わりには無い アンコール」
・・・調布 問題児
危篤状態なら、大喝采、通夜なら手を合わす、でも葬式の時なら、きっと釘で棺おけを打ちつける。
ちゃんと、舞台に戻るかどうか躊躇してください。こんなこと書いたら「お見送りの作法」に怒られます。
画像

http://cinema-eiga.at.webry.info/201604/article_2.html



「元妻が 載っているよと 電話くれ」
・・・桜の寺さん
元妻がレギュラーで出ているよと電話もらい、見て、「相変わらずやな」って言うだけで終わり。



「不確かな それでも約束 だったこと
たった一つの 鍵だったこと」

・・・名張 深水千尋 ※2月中旬の短歌
鍵ってまだ使えるんだろうか、2つも持っている。捨てればいいのに、捨てられない。



「死の前に 大好きと言って くれた母
われも言いたき 言葉だったよ」

・・・三島 海野由美※2月中旬の短歌
母も父もボクも、恥ずかしくて言えなかった。よし娘には言おう。



「毛布から 春のにおいが したような
気がしてファブリー ズを吹きかける」

・・・市原 菊池優花
春のニオイって、さわやかだけではないんですね。
画像





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリーは、右側にありますが、もう少し細かいカテゴリーを見たい場合、
1度カテゴリーのどこでもクリックしたら、もっと細かいカテゴリーが見れます。
----------------------------------------------------------

2016年2月月間カテゴリーまとめ

2016年2月大阪ニュースhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201604article_11.html

2016年2月広告ニュースhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201604article_13.html

2016年2月グラフで見るhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201604article_12.html

2016年2月 日本戦争へ突入への道・秘密保護法ニュース
https://pubnews2022.seesaa.net/article/201604article_19.html


2016年2月小売・飲食・経済ニュースhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201604article_17.html

2016年2月NETニュースhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201604article_15.html

2016年2月放射能ニュースhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201604article_10.html

2016年2月政治ニュースhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201604article_18.html

2016年2月自動車ニュースhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201604article_16.html

2016年2月中国ニュースhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201604article_14.html

TPPの陰謀  https://pubnews2022.seesaa.net/article/201510article_44.html

VWの不正  https://pubnews2022.seesaa.net/article/201512article_20.html

東芝の不正  https://pubnews2022.seesaa.net/article/201507article_26.html

杭打ちの不正 https://pubnews2022.seesaa.net/article/201512article_17.html

シャープ危機 https://pubnews2022.seesaa.net/article/201601article_26.html

神戸山口組と名古屋山口組抗争https://pubnews2022.seesaa.net/article/201510article_39.html

結婚紹介所青酸カリ殺人事件筧千佐子の軌跡 https://pubnews2022.seesaa.net/article/201501article_70.html

尼崎変死連続殺人事件 https://pubnews2022.seesaa.net/article/201501article_69.html


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


カテゴリーは、右側にありますが、もう少し細かいカテゴリーを
見たい場合、1度カテゴリーのどこでもクリックしたら、
もっと細かいカテゴリーが見れます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
画像


A関西ニュース(京阪神地区大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・三重県)の
オープン、キャンペーン、イベント・お得情報を無料で告知する



「A関西ニュース」関西パブリシティニュースサイトhttp://pubnews.at.webry.info/




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
新設映画レビューhttp://cinema-eiga.at.webry.info/
※トップページ右横マイリンクから飛べます
画像















大阪広告代理店のひとりごとⅡのブログトップページへhttp://aada.at.webry.info

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
全国の都道府県の広告なら、おまかせください!
テレビ・ラジオ・新聞・フリーペーパー・求人・チラシ広告のリスト・料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
良い広告、効果のある広告をアドバイスいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

TEL06-6881-0456 mail aaa@a-ad.net URL http://a-ad.net

画像をクリックすると、このページに飛びます
画像

画像をクリックすると、このページに飛びます
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック