殺人事件の犯人の5割が親族。

2017年4月11日
ヒトを殺すことは、戦争以外よっぽどの理由がないとしないもんです。
だから、親子、兄弟の憎しみ(反対に愛情)が深いものなんですね。
2016年の殺人事件の55%が親族間と警察が発表。

ただし摘発した数で、警察もわかりやすいからだと思う。親族間以外の事件の解決率が低いのも頷ける。
画像

問題は、被害者給付金だと指摘されている。
被害者に最高3000万円支給されているんですが、
加害者が肉親で刑に服した後、親族の家に戻るケースがある。
現制度では、親子、兄弟の殺人事件が起きた場合、DVや児童虐待を除き支給されないことになっている。
警察の理由は、加害者が親族の元に戻ったら加害者に被害者給付金が還流するからだそうです。

被害者が死亡した場合、加害者は元の親族の家に戻りたいというのが、25,8%。
あとの約74%は離れて暮らす。その74%は支給されない。

そもそも警察にそういう(支給するしない)判断を任せていいんだろうか?てっきり裁判所か保護司あたりが
決めていたと思っていました。

警視庁は有識者会議を開いて見直すということです。

有識者ってどんな人たちなんでしょう。

もうひとつ

画像


子どもを虐待する親は、自分の子ども時代に虐待を受けていたと言われていますが、

実際に虐待を受けた人が、実際に虐待をしているかどうかを調べてみると(藤原武男の研究室(医学博士)) 、
実は虐待を受けた親の約30%しか虐待に至っていない。
もちろん、こ虐待を受けていない親が虐待をしてしまう割合からすれば高い。
子どもの頃に虐待をうけても自分の子どもに虐待するのは少数派。
大多数(約70%)が虐待をせずに、いわば虐待の連鎖を食い止めているのです。
ということなんです。
しかし、虐待の数が急増しているのは、
世の中が敏感になったからなのか、社会制度(核家族)なのか、貧しくなったからなのか
その複合なのかもしれません。


映画「永い言い訳」「岸辺の旅」で、
重要なコンセプト>「記憶してくれればいい」

一番有力な候補は肉親なんですね。子は親を、親は子を、夫は妻を、妻は夫を。
愛人や友達はどうなんでしょう?
画像

http://cinema-eiga.at.webry.info/201607/article_2.html



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
カテゴリーは、右側にありますが、もう少し細かいカテゴリーを見たい場合、
1度カテゴリーのどこでもクリックしたら、もっと細かいカテゴリーが見れます。
----------------------------------------------------------

2017年4月カテゴリーまとめ

2017年4月大阪ニュースhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201706article_20.html

2017年4月広告ニュースhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201706article_21.html

2017年4月グラフで見るhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201707article_1.html

2017年4月 日本戦争へ突入への道・秘密保護法ニュース
https://pubnews2022.seesaa.net/article/201707article_3.html

2017年4月小売・飲食・経済・自動車ニュース
https://pubnews2022.seesaa.net/article/201707article_2.html

2017年4月NETニュースhttps://pubnews2022.seesaa.net/article/201706article_22.html

2017年4月放射能ニュース https://pubnews2022.seesaa.net/article/201706article_15.html

2017年4月政治ニュース https://pubnews2022.seesaa.net/article/201707article_4.html


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


カテゴリーは、右側にありますが、もう少し細かいカテゴリーを
見たい場合、1度カテゴリーのどこでもクリックしたら、
もっと細かいカテゴリーが見れます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
画像


A関西ニュース(京阪神地区大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・三重県)の
オープン、キャンペーン、イベント・お得情報を無料で告知する



「A関西ニュース」関西パブリシティニュースサイトhttp://pubnews.at.webry.info/




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
新設映画レビューhttp://cinema-eiga.at.webry.info/
※トップページ右横マイリンクから飛べます
画像







大阪広告代理店のひとりごとⅡのブログトップページへhttp://aada.at.webry.info

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
全国の都道府県の広告なら、おまかせください!
テレビ・ラジオ・新聞・フリーペーパー・求人・チラシ広告のリスト・料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
良い広告、効果のある広告をアドバイスいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

TEL06-6881-0456 mail aaa@a-ad.net URL http://a-ad.net

画像をクリックすると、このページに飛びます
画像

画像をクリックすると、このページに飛びます
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック