『銭ゲバ』『アシュラ』『浮浪雲』のジョージ秋山2020年5月12日(77歳没)



ジョージ 秋山
死因は公表されず家族だけで密葬
おそらく自殺じゃないかと勝手に推測。彼らしい死に様だと思う。
ジョージ秋山.jpg
本名 秋山 勇二
1943年4月27日生れ
(東京府東京市日暮里生れ 5人兄弟姉妹の次男
死没 2020年5月12日(77歳没)突然の死
職業 漫画家
活動期間 1965年 - 2017年
ジャンル ギャグ漫画、少年漫画、青年漫画、
成人向け漫画
代表作
ゼニゲバアシュラ.jpg
『銭ゲバ』
『アシュラ』
『浮浪雲』
ピンクのカーテン
受賞 講談社児童まんが賞(1968年)
小学館漫画賞(1978年)

経歴
1943年、東京都の日暮里で出生。姉、兄、弟、妹それぞれ1人ずつの5人きょうだいの次男。
父は腕のいい朝鮮人の造花職人だった。第二次世界大戦中は栃木県田沼町に疎開した。
1953年、10歳のとき父親が事業に失敗し足利市へ転居。極貧生活を経験する。
子供の頃から漫画を描き出し、中学2年生で漫画本を自作した。
中学時代の知能指数は120。身長は170cm。

1958年(15歳)、中学卒業後に上京し、神田の貸本漫画の取次店、芳明堂に就職。
若木書房に原稿を持ち込んだり、漫画家の前谷惟光邸へ日参して、漫画家を目指した。
芳明堂を退職後はアルバイトを転々としながら日本放送映画でテレビアニメ『戦え!オスパー』を手伝う。
講談社へ持ち込みを続けた。
編集者からの紹介で1年半ほど森田拳次に師事した。
アシスタントをしつつ貸本漫画に作品を発表し、
1965年(22歳)「少年画報」2月号に「トッピナ作戦」掲載、
1966年に掲載の『別冊少年マガジン』に『ガイコツくん』が成功
1967年年に連載を依頼された『パットマンX』がヒットして、
1968年の講談社児童まんが賞を受賞。
ギャグ漫画で成功したことから、
『ざんこくベビー』『コンピューたん』『ほらふきドンドン』『デロリンマン』
などペーソスあふれるギャグを得意としたギャグ漫画家になった。

1970年(27歳)になって、3月から週刊少年サンデーに『銭ゲバ』を連載開始、
1970年息子『命』が生まれる。
1970年8月から週刊少年マガジン『アシュラ』を連載開始、

作風が変る。悪魔ともいえる描写で人間の善悪やモラルを問い、
『アシュラ』第1話には飢餓から人肉を食べ、我が子までをも食べようとする女の描写がある。
1970年8月2日号の『週刊少年マガジン』は一部地域で有害図書指定された。
1971年11号(2月)の『週刊少年サンデー』にて『告白』を連載開始した。
数多く持っていた連載を全て終了させ、一時引退を宣言。6月より日本一周の放浪の旅に出る。

3か月間で放浪は終わる。

1971年34号(8月)の『週刊少年ジャンプ』にて『ばらの坂道』で復帰。
1973年(30歳)12月5日発売の『ビッグコミックオリジナル』19号より
   『浮浪雲』の連載を開始。
※2017年(74歳)9月連載は44年もの長きに渡ったが最終回を迎えた。1039話211巻
1980年(37歳)から1984年まで『週刊漫画ゴラク』にて成人向け漫画『ピンクのカーテン』を連載し、
2008年(65歳)9月聖書の漫画化。6巻。

2020年5月12日突然の死去。77歳没。

受賞
第9回講談社児童まんが賞(『パットマンX』)
第24回(昭和53年度)小学館漫画賞青年一般部門受賞(『浮浪雲』)

作品リスト
ガイコツくん(1966年、別冊少年マガジン、全1巻) - 初連載作品
パットマンX(1967年 - 1968年、週刊少年マガジン、全5巻) - 第9回講談社児童まんが賞受賞
黒ひげ探偵長(1969年、週刊少年ジャンプ、全1巻)
ざんこくベビー(1969年 - 1971年、週刊少年チャンピオン、全1巻) - 創刊号から連載
コンピューたん(1969年、週刊少年キング、全1巻)
デロリンマン(1969年 - 1970年、週刊少年ジャンプ、全2巻) -
哲学的ギャグとされる本作はリメイクの後に単行本化、「元祖デロリンマン」に改題
ほらふきドンドン(1969年 - 1970年、週刊少年マガジン、全5巻)
コンピューたん(1969年 - 1970年、少年画報、全1巻)
アシュラ(1970年 - 1971年、週刊少年マガジン、全3巻) - 第1話が掲載された
銭ゲバ(1970年 - 1971年、週刊少年サンデー、全5巻)
告白(1971年、週刊少年サンデー、全1巻)
ばらの坂道(1971年 - 1972年、週刊少年ジャンプ、全3巻)
ザ・ムーン(1972年 - 1973年、週刊少年サンデー、全4巻)
ゴミムシくん(1972年 - 1973年、週刊少年チャンピオン、全5巻)
浮浪雲(1973年 - 2017年、ビッグコミックオリジナル、全112巻)
灰になる少年(1973年、週刊少年ジャンプ1973年39号 - 49号)
どはずれ天下一(1974年、週刊少年ジャンプ1974年6号 - 35号)
電撃ハリキリ娘ピンチー(1974年、週刊少年マガジン1974年30号 - 48号、全1巻)
よたろう→花のよたろう(1974年 - 1979年、週刊少年チャンピオン、全15巻) -
※ギャグ漫画として連載開始したが、内容変更に伴い題名を修正
涙をこらえろ!(1975年、汐文社) - 短編集
ねこまんまのジョージ(1975年、全1巻)
デロリンマン(1975年 - 1976年、週刊少年マガジン、全3巻) - 旧作のリメイクだが終盤の展開が大きく異なる、詳しくは同項参照
ぼんくら同心(1976年 - 1977年、週刊少年マガジン、全4巻)
ほらふきドンビンジャン(1977年 - 1978年、小学三年生) - 後にコロコロコミックに再録。ジョージ秋山は本作以降、純粋な意味でのギャグ漫画は描いていない
ギャラ(1979年 - 1981年、少年キング、全8巻)
戦えナム(マンガ少年、全2巻)
蓮華又三郎(1980年、日刊ゲンダイ)
SEXドクター 尖三郎(1980年 - ?、プレイコミック、全7巻)
ピンクのカーテン(1980年 - 1984年、週刊漫画ゴラク、Part1:全15巻、Part2:全6巻)
うれしはずかし物語(週刊漫画ゴラク、全5巻)
シャカの息子(1981年、週刊少年ジャンプ、全2巻)
スパットマンX(のちに「パットマスターX」に改題)1981年 - 1982年、テレビマガジン→コミックボンボン)
超人晴子(1982年 - 1984年、モーニング、全3巻)
海人ゴンズイ(1984年、週刊少年ジャンプ、全1巻)
恋子の毎日(1985年 - 1992年、漫画アクション、全32巻)
くどき屋ジョー(1986年 - 1987年、ビッグコミックスペリオール、全4巻)
高校友侠伝 パフォーマンス岩次郎(1988年 - 1989年、ヤングキング、全3巻)
ラブリン・モンロー(1989年 - 1993年、週刊ヤングマガジン、全13巻)
「浮浪雲(はぐれぐも)」の親子塾(1993年、経済界)
女形気三郎(1993年 - 2002年頃、ビッグコミックオリジナル増刊、全7巻)
博愛の人(1993年 - 1996年、ビッグゴールド、全8巻)
ドブゲロサマ(1995年 - 1996年、月刊少年ガンガン、全1巻)
捨てがたき人々(1996年 - 1999年、ビッグゴールド、全5巻)
スンズクの帝王 オリは毒薬(MANGAオールマン、全1巻)
弘法大師空海(1997年、MANGAオールマン、全6巻) - 2015年、KADOKAWA/中経出版から全3巻で文庫化。
生きなさいキキ(2001年 - 2002年、漫画サンデー、全4巻)
WHO are YOU(2002年、ビッグコミックオリジナル増刊、全1巻) - 雑誌掲載時は秋山勇二名義
武士道というは死ぬことと見つけたり(2004年、幻冬舎)
マンガ中国入門 やっかいな隣人の研究(2005年、飛鳥新社) - 監修は黄文雄。秋山本人の他、作品のキャラも多数出演。
はぐれ指南 ほろ酔いで長生き(2007年、新潮社)
おんなたらしの作法(2008年、宙出版)
2008年(65歳)9月「聖書」の漫画化。6巻。
銭ゲバの娘プーコ/アシュラ完結編(2009年、青林工藝舎)
ドストエフスキーの犬(2010年、青林工藝舎) - 35年振りとなる短編集
アマゾンくん/ドブゲロサマ(2010年、青林工藝舎)
貝原益軒の養生訓(2010年、海竜社)





『A関西ニュース』
関西(京阪神地区大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・三重県)限定情報
オープン・イベント・グルメ・エンタメ・キャンペーン、イベントニュースhttp://pubnews.at.webry.info/
関西限定ワンコイン・以下ランチ紹介(200店以上)ページができました。
http://pubnews.at.webry.info/201404/article_36.html

新ワンコインランチ大阪他 ランチ・カレー・食パン※スタートしたばっかりです
https://onecoin.at.webry.info/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
全国の都道府県の広告なら、おまかせください!
新聞・テレビ・ラジオ・フリーペーパー・求人・チラシ広告のリスト・料金一覧が載っています。
もちろんご相談無料です。
良い広告、効果のある広告をアドバイスいたします。

大阪・広告代理店メディアバルーン大阪営業所
TEL06-6881-0456  mail  aaa@a-ad.net  URL http://a-ad.net

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック